引越し業者選びは苦戦しました

結婚してすぐ住み始めた賃貸のマンションは近くに駅があり、夫の通勤にとても便利でした。自分は20代の主婦で、日中は習い事や友達とのランチで駅を使うので、生活はとても快適でした。駅前には夜遅くまでやっている大きなスーパーがあり、レストランや居酒屋もあるので、週末は良く食事に行きました。賃貸に住んでいましたが、近いうちに、分譲マンションを購入できればいいとさえ思える街でした。愛着を持って住んでいたマンションでしたが、近隣トラブルが勃発しました。最初の内は巻き込まれずに済みましたが、徐々に拡大し、我が家も巻き込まれてしまいました。

そうなると大変です。住み慣れたマンションも居心地が大変悪いものになりました。夫は気にするなと言いますが、仕事に行く夫はいいでしょうが、日中をマンションで過ごす身になってください。ストレスが溜まる一方でした。夜も眠れなくなるような日々が続き、見かねた夫が同じ市区内への引越しを提案してくれました。今度は、今よりも広い2LDKへの引越しということで、即引越しを決めました。なるべく早く引越しをしたかったのですが、引越し業者選びは苦戦しました。丁度引っ越しシーズンに当たってしまい、なかなかいい業者が見つかりませんでした。そんな時、日本通運で引越しをお願いできることになりました。夫婦だけの引越しなので荷物は少なく、料金も格安にしてもらえました。テキパキと仕事をしてくれるスタッフで、スムーズに引越しができました。

引っ越したことのある先輩にどこの引越し業者が良いか相談

大学を卒業し、子供の頃からの夢だった仕事に就くことができた私は、残業もなんのその毎日頑張ってちょっと遠い職場に実家から通っていました。
実家から職場までは、高速を使って1時間のところで、就職して数年は、難しい仕事の内容や職場の環境に慣れるために必死で、また、実家から通えば、食事・洗濯の心配もしなくて済むので快適に感じていましたが、就職して8年も経てば仕事にも慣れ、後輩も増えてきて、残業時間も多くなり、また、飲んで帰る機会も増えて、通勤時間の長いことがとても重荷に感じてきたのです。
そこで、思い切って実家を離れ単身でワンルームのマンションに引っ越すことにしました。
引っ越すといっても、30代の単身の身で荷物も少ないですし、同じ県内への移住になるので、あまり大げさなことにはしたくないと考えました。
そこで、同じく単身で引っ越したことのある先輩にどこの引越し業者が良いか相談すると、サカイ引越センターを紹介してくれました。
やはり、その先輩も同じ県内への引っ越しの経験があり、その時いろいろな引越し業者を料金やその他のオプション関係から調べた結果、サカイ引越センターが一番良かったとのことでした。
そのため、私もさっそく職場に近いワンルールマンションへの引っ越しを敢行し、この春から一人暮らしをしていますが、計2時間の通勤時間が無くなった分、飲みに行く時間が増え、体重も増えつつあるのでそろそろ成人病対策も考えなければと思っています。

シングルプランというプランで引越し

私は、気分を変えたくて単身で引越しをしました。
引越し先は同じ県内への引越しです。
単身なので、部屋もワンルームですよ。
一人だとワンルームでも十分な広さですからね。
引越し業者は、ファミリー引越センターを頼みました。
シングルプランというプランで引越しをしたんです。
しかも、ネットで簡単に見積もりが出来るから仕事で忙しくて店舗に行けない方でも見積もりが出来ていいですよね。
シングルプランで、標準コースだとお値段も凄く安いんです。
梱包コースになると少し値段が上がってしまうので、私は標準コースにしました。
引越し代は少しでも節約して新しい家具などを買いたかったんです。
引越し代が安くすんだおかげで家具も買う事が出来ましたよ。
やっぱり引越ししたら新しい家具が欲しくなっちゃいますからね。
ファミリー引越センターにして良かったですね。
最初はどこの引越し業者にするか迷っていたんですけど、色々な口コミなどを見てファミリー引越センターに決めたんです。
口コミって本当に大事だと思いましたよ。
部屋はワンルームで、広さは20畳あるので広いです。
家具も結構置けるのですが、私のベッドがダブルなので凄く幅をとってます。
布団にすれば良かったと少し思いましたが、布団だと体が痛くなるのでベッドにしなんですよ。
ソファーも欲しいんですが、部屋がもっと狭くなると思うと手を出せずにいます。
仕方ないので、座椅子にでもしようかと思います。
これから、また少しだけ家具を見に行こうと思います。

ハート引越センターにお願いしたくなるような単身引越しでした

1LDKに1人暮らしをして1年近くたち職場も近くてアパートに不満はありませんでした。しかし近くの道路の拡張で騒音がひどくなってしまいました。特に夜中はひどく夏場は眠ることもままなりませんでした。仕事の都合もあるので同じ県内への引越し、また単身での引越しとなるとなかなか面倒です。実家から出るときは何かと両親を始め家族が引越しを手伝ってくれましたが単身での引越しとなると腰が上がりませんでした。
そこで引越し業者に見積もりを取ってみて考えることにしました。業者に引越しを依頼したことがなかったので話を聞いてみる程度で連絡してみました。いくつかの業者に当たりましたが一番丁寧に対応してくれたのがハート引越センターでした。
距離も短く荷物も少ない引越にも関わらず丁寧な対応で費用も思ったよりも安かったので思い切ってお願いしてみました。仕事も忙しく部屋の整理にも時間がかかってしまいましたが、スタッフの方の手際のよい作業のおかげで何とか日程通りに引越しが出来ました。作業を一緒に見ていましたが鍛えられているというか徹底しているというかプロの人たちなんだと感心する働きぶりでした。特に実際の引越し以外の書類上の手続きや電気やガスの引越しについても教えてもらえたのでそちらももれなく確実にこなすことが出来ました。梱包のコツ等も教えてくれるので本当に1から10までお世話になったという感じでした。
転勤の可能性もある仕事なのでもしまた引越しが必要になった時はハート引越センターにお願いしたくなるような単身引越しでした。

この引越し業者好きなんですよね

僕は、転職の為に引越しをしました。
場所は今住んでいる実家から遠く離れた場所です。
実家に帰る時は、長距離移動しないといけないのでちょっと疲れますね。
離れすぎていると好きな時に実家に帰れないですからね。
でも、転職をしたので仕方ないんですけどね。
単身1K生活が始まった訳ですよ。
男の一人暮らしなんてなんだか目に見えますよね。
部屋が汚くて台所も汚くて人を呼べるような部屋じゃないみたいなイメージだと思いますが、僕は汚いのが嫌いな男なので部屋はかなり綺麗にしまいます。
僕が引越しをする時に、頼んだ引越し業者はダック引越センターです。
この引越し業者好きなんですよね。
理由は、友達が働いているからですけどね。
でも、サービスもとても良くて良かったですよ。
また、引越しをするならダック引越センターに頼もうと思います。
引越しの長距離移動もかなり疲れましたが、何より疲れたのは荷解きですよ。
出したは良いけど収納するものが少なくて部屋の中が大変な事になってしまって、僕は綺麗好きなので自分で荷解きをしておきながら一人でイライラしていましたよ。
その日は、疲れていたので次の日に収納出来る棚などを買いに行きましたけどね。
そして、僕は料理を作るのも好きなので毎日きちんと自炊をしています。
単身生活は初めてではないので、慣れていますからね。
しかし、1Kにしたのは失敗でした。
ちょっと部屋が狭すぎて、いや荷物が思った以上に多すぎました。